日本の美しい竹林を守りたい
TOPページ - 特性と用途

特性と用途

特性

  • クッション性が高い
  • 保温性に優れている
  • 保水性に優れている
  • 保湿性に優れている
  • 保肥性に優れている
  • 透水性に優れている
  • 軽量で扱い易い
  • 形状安定性がよい
  • 弱アルカリ性(ph7.5~8.0)
  • 坑菌性に優れている
  • 消臭性に優れている
  • 薬効成分が豊富
  • ミネラル分が豊富
  • 栄養価が高い
  • 腐敗しにくい
  • 雑草の繁茂を抑制する
  • 害虫を忌避する
  • 矮小化

競走馬の調教馬場(特に故障馬のリハビリ用)

■特長と効果

バンブーパウダーの馬場クッション性が高いため、蹄鉄なしでも調教が充分にできる弾力性が得られます。 このように「脚が命」の競走馬にとっては脚元や四肢への負担も少なく、リハビリにも最適です。
吸着性に優れているため、適度な含水によって、飛散しにくく、大雨でも流出する心配がありません。 透水性が良いため、水はけもよく排水をスムーズに行うことができます。 保温性が高いために北海道などの寒冷地でも凍結しません。


■使用方法
  1. 基礎となる路床には土壌硬固剤を山砂とよく混合したものを填圧する。
  2. 勾配(坂路コースなど)に従って単粒炸砕石を敷設する。
  3. 透水シートを敷く。
  4. この上にパンブーパウダーを敷設したあと、散水と填圧、これを約25cmの厚さになるまで、繰り返し行う。
■参考資料
*
バンブーパウダーの走路標準断面図
*
霜柱テスト
(上)土 100%
(下)バンブーパウダー 100%

透水性歩道(公園、寺院、霊園等の歩道)

無公害天然素材「バンブーパウダー」を使用した人と環境にやさしい道づくり

  • 中外商工株式会社「バンブーヤード」
    お問い合わせ先-〒532-0001 大阪市淀川区十八条2-3-7
    TEL:06-6394-3456 FAX:06-6395-2654
  • 常盤工業株式会社「バンブーロード」
■特長と効果

バンブーパウダーの馬場透水性に優れ水たまりができず雨などの跳ね返りがありません。人にやさしいソフトな歩行感覚が実感できます。吸音効果が高く騒音を予防します。
滑り抵抗性が高く歩行事故を防止します。腐敗しにくいため美観を保持し経済的です。
保温性に優れており凍結を予防します。


緑地帯のマルチング(中央分離帯、法面等)

■特長と効果
  • 土壌に被覆することにより、緑が景観に映え、美観を高めます。
  • 緑地帯(中央分離帯、歩道)等マルチングすると、雑草の繁茂を抑える効果があり、除草作業が軽減できます。
  • 保水性の高さにより、土中の水分の蒸散を防ぎ、植物に必要な水分を保持することから、植裁後のメンテナンスが軽減されます。
  • 融雪効果が高く、土中温度を安定させ植裁を保護します。
  • 庭や花壇等での雑草対策として、また雨によるヌカルミ、日照による固化などの悩みから開放されます。
■使用方法
  1. マルチングしようとする面の雑草を取り除いてください。(刈るのではなく、根こそぎ処理してください)
  2. 40リットルのバンブーパウダーに対して10~20リットル程度の水を加え、よく混ぜます。
  3. 上記のバンブーパウダーを10cm以上の厚さに敷き詰めます。
  4. その後スコップまたは填圧機で、または足で踏み固めて7cm位の厚さに填圧します。
  5. 散水は適度に行ってください。
■施工事例
*
施工後 - 約4年経過
未施工に比べ幹が太くなっている
*
未施工

*
未施工
*
施工後(他社製品)
*
施工後

*
手前:施工場所
後方:未施工場所
*
施工場所の様子

ゴルフ場、グランドの土壌改良(芝育成)

天然リサイクル素材「バンブープウダー」による環境にやさしい土壌改良の提案

■特長と効果
  • 保水性、排水性、保肥性、通気性を兼ね備えています。
  • 土中の有用微生物の活動を活発にします。
  • 団粒化を促し、土壌の活力を高めます。
  • 肥料を根に吸収されやすいように分解します。
  • 弱アルカリ性であるため、土壌のphを矯正することができます。
  • 保温性があり、霜柱を予防します。
  • 徐々に分解していくため、長期にわたり効果を発揮します。
  • 繰り返して混入使用することで地力を増強します。
  • 土壌の軽量化を図ることができます。
  • 雨によるヌカルミ、日照による固化などを防ぎます。
■使用方法
  1. 現場発生土(あるいは客土:真土)に20~30%混合します。
  2. 他の無機材、微生物混合材及び肥料等を混合することにより、土壌改良を効果的に行うことが可能です。

芝育成材

芝育成材バンブーパウダー(BP)を使い、芝の育成を簡単に行うことができます。
バンブーパウダーに尿素系の無機肥料を混合した製品「バンブーパウダーA(エース)」を開発し、種々のテストを行い非常に良い結果を得ることができました。


■特長と効果
  • BPは、多孔質であるため微生物の住処となり、土中微生物の動きを活発にし、地力を高めます。
  • 微生物の働きにより、張り芝の育成を促進(発根、根張り向上、緑力向上)します。
  • 徐々に分解していくため、長期に渡り効果を発揮します。
  • 通気性があるため、エアーレーションなどによる回復作業が軽減されます。
  • 育芝培土、鉢、プランターの培土に混合使用できます。
  • 芝から発生する雑草が少なくなります。
  • 他の肥料を入れた場合でも保肥力があるため、肥料の力を充分発揮させます。
■使用方法
A. 既に芝が張ってある場合(メンテナンス)
  1. 概要図まず今張ってある芝を刈り清掃します
  2. 刈った芝の上に「バンブーパウダー」を目土としてふりかけ、約3~4mmの厚さに均一に全体をならします。
    ※ この時ふるい(1cm角網目のもの)を使ってまくとより手早くきれいにまけます。
  3. 仕上げに芝の上からたっふりとシャワー状の水を散水し芝目に製品を落とし込みます。
    ※ 春、秋に1回ずつ目土として「バンブーパウダー」をまきます。
B. これから芝を張る場合
  1. 概要図これから芝を張ろうとする土壌を5cm程度の深さで堀り起こします
  2. そこにバンブーパウダーを混ぜよく耕した後ならします
    (1m2あたり約10リットルの製品が必要です)
  3. その上に芝を張ります
  4. 次にバンブーパウダーを目土としてふりかけ約3~4mmの厚さに均一に全体をならします
  5. 仕上げに芝の上からたっふりとシャワー状の水を散水し芝目に製品を落とし込みます
C. 応用テクニック:雑草の増殖を防ぎます
  1. 概要図B-1~2の作業の後バンブーパウダーと水を約2:1の割合で混ぜ合わせたものを約2cmの厚みで、土壌の上に全体に敷きならします
  2. その上に芝を張ります
  3. 次に「バンブーパウダー」を目土としてふりかけ約3~4mmの厚さに均一に全体をならします(1m2あたり約4リットルの製品が必要です)
  4. 仕上げに芝の上からたっふりとシャワー状の水を散水し芝目に製品を落とし込みます